レガシーバイクを語る! 伝説の直列6気筒 ENG, HONDA CBX1000

HONDAは1969年に世界で始めて200km/hを超える車両としてCB750Fourを市場に発表しました。
 
制動力を高めたディスクブレーキ、直列4気筒エンジンによるエンジン振動音の静粛化(当時の車両騒音レベル)、海外メーカーと真っ向から対向するためHONDAの持てる技術を結集して造られた、まさに夢のバイクでした。
 
HONDA CB750Fourはその性能から当時の若者の心を鷲づかみにして多くのライダーを虜にしました。
 
しかし、残念なことに200km/hという当時では非現実的な速度域の壁を越えるための無謀運転に拍車がかかり、国内ではメーカー自主規制による排気量制限(750cc)や、法規によるヘルメット着用の義務化など多くの課題を投石した一台でもあったのです。
 
CB750Fourは国内外でも爆発的な人気を誇り、CBX1000はそれよりも10年以上後に産声を上げた全く異なるコンセプトの元に造られた直列6気筒エンジンをもったバイクでした。
 

HONDAのレーサーRC166のレプリカモデルがCBX1000

CBX1000
 
CBX1000は国内仕様が存在しておらず、元々北米や欧州の市場をターゲットに開発されていました。
(この辺は昨今も変わりませんね…昔からあまり日本市場に興味がないメーカーです)
 
CB750Fourも実は北米向けに開発されていたこともあり、CBX1000のメインターゲットは欧州市場。とはいえ、その仕様はほぼ同一で、ステップやハンドル位置を欧州仕様に変更している以外はカラーリング位しか相違点がありません。
 
ちなみにCBX1000というのはメーカー正式名称ではなく、“CBX”がメーカー正式名称でした。排気量の数字をアルファベットの後ろにつけるのは慣習的な流れでしょうか…
 

直列6気筒エンジンの美しいフォルムは他に類を見ない

CBX1000 ENG
 
直列6気筒の市販バイクはあまり過去に例がありません(国内メーカーに関して)。
4気筒エンジンでギリギリ車体フレームの幅に収まるのですから、シリンダーブロックは当然の如く両脇に1気筒分ずつ突き出します。
 
シリンダーヘッドから伸びるエキゾーストパイプは美しい曲線を描き、両側のマフラーへ繋がります(社外では6 in 1もあるようですが…排気干渉が起こりそうですね…)
 
僕は写真や雑誌などで見ることがあっても実際に乗れたことはありません。
既に僕と同じ位年齢を重ねているバイクですがお目にかかることもないでしょう。
 
しかし、6気筒エンジンから出力される馬力とトルクは、恐らく車体重量を軽々と押し出してくれるのではないかと推測します。
 

CBX1000に関する疑問

個人的な疑問はコーナリングです。
左右に1気筒分ずつ突き出ているシリンダーブロックは、エンジン下部のクランクケースまで影響しています。
 
クランク回転による発生する応力と、突き出したエンジンによりバンク角はかなり制限されるのではないか?と思っています。
 
バンク中にクランクケースを摺り続ければ当然ケースに磨耗ダメージが蓄積されますし、何より大きな回転軸がエンジン下部にあることで、アンダーが出やすいのでは?と考えてしまいます。
 
僕も是非一度は乗ってみたいバイクではありますが、上弾に出会う可能性はかなり低くいでしょう。個人的には伝説的な日本メーカーによる名車だったと考えています。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2016-09-01
Copyright(c) 2016 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.