ブレーキシステムについて考える #2

昨今の車輌では実装が義務付けられいてるABS。
このABS、ライディングにおいてはどのような影響を与えるのでしょうか?
 
本記事ではABS実装において変わるライディングスタイルと今後の展開について考えてみたいと思います。
 

ABSにより変わるライディングスタイル

バイクという乗り物は走行速度に対してライダーが車輌のバランスを維持するために行なう動作は多岐に渡ります。
ブレーキング時においては、前後輪で発生する制動力による車輌バランスの崩れをアクセルや荷重移動、舵などでコントロールし、転倒を常に防止しています。
 
ABSが実装されない車輌では、ブレーキコントロールから全てにおいてライダーが操作をする必要があり、ブレーキコントロールにはかなりの繊細さが求められます。
路面状況が悪化すれば特にです。
 
一方でABSが搭載されている車両では、ブレーキロックの心配がないため、ある程度ブレーキ操作をラフに行なってもライダーはロックの心配をする必要がありません。
そのためライダーはそれ以外の動作に意識を集中させることが出来ます。
 
更にここ数年の車輌では“トラクションコントロール(トラコン)”が装備されているため、路面状況が悪い場合でもトラコンを併用することで転倒のリスクを最小限に抑えることができるのです。
 

コーナリングにおけるブレーキングとABSの併用

コーナリング時にブレーキを使った場合、フロントブレーキ・リアブレーキで車輌の挙動が変わります。
コーナリング中にフロントブレーキを使った場合、駆動輪に追従する前輪に制動がかかるため、駆動する後輪に対して回転数が低下します。
そのためバンクしていた車輌は起き上がる方向に動こうとします。
 
対してコーナリング中にリアブレーキを使った場合、駆動輪に制動力をかけるため、バイクは起き上がらずコーナリング速度だけをコントロールすることが出来ます。
 
しかし、一方でリアブレーキはフットペダルでコントロールするため、右コーナーではペダルが車輌下側に隠れてしまうため操作が出来なくなります。
 
左コーナーでは車体外側にペダルがありますが、コーナリング中のライダーはマシンバランスの制御のために下半身を使っていますから、足先だけを動かしてペダルでブレーキコントロールをすることは至難の業です。
 
別記事で紹介している“サムブレーキ”を使い、手でリアブレーキをコントロールする手法もありますが言葉で書くほど簡単な操作ではなく、かなりの慣れが必要になります。
そのため必ずしもサムブレーキが解決になるとは言えないでしょう。
 
現状のブレーキシステムではコーナリング中にABSを作動させることは基本的にあり得ず、むしろコーナーへアプローチする際のブレーキコントロールで影響が発生します。
 

コーナリングアプローチにおけるABS動作

コーナリングのアプローチにおいて実はABSの動作はライダーを補助する方向に働きます。特にリアブレーキです。
ABSが実装されない車輌ではリアブレーキはバイクという車輌の特性上ロックし易いのですが、ABSを実装することでロックをせずにブレーキを踏み込み続けることができます。
 
このため、ライダーがその動作を計算に織り込むことで車輌バランスを維持したままコーナーへ進入することができ、ABSによる恩恵でリアブレーキがロックを起こさずにコーナリングすることも不可能ではありません。
 

 
一方でフロントブレーキですが、バイクのフロントブレーキでABSが動作した際の振動を感じることができるほどのブレーキングを行なうことはまず無いでしょう。
少なくとも筆者がDaytona675Rでサーキット走行する際においてフロントブレーキでABS動作を感じたことは一度もありませんでした。
(そこまで攻め切れてないだけでは?と言われると厳しいですが・・・)
 
また、筆者の周りでABSつきの車輌でサーキットを走られているライダーの方々に聞いてもフロントブレーキでABSが効く様なことはないと聞いていますが・・・。
 

ABSの将来は?

ブレーキシステムにおける安全性の追求は留まることを知りません。
現在噂されている次なる新システムはコーナリングABSというシステムです。
このシステムでは新たにIMU(慣性計測センサーユニット)を用いて車体の傾き角度、加速速度、減速率などを即時に計算し、適切な制動力配分を前後ブレーキに割り当てることで、「コーナーに適した速度」を機械により実現しようといったものになります。
 
さながら自動運転の一部であるともいえますが、自動車に実装される自動運転技術とはまた異なり、バイクという車輌の特性上発生し得る慣性(ロール、ピッチ、ヨー)を計測、検知、計算することで実現しようというシステムなのです。
 

実現化し始める最新技術と懸念

上記システムは既にDUCATIで実装段階にあり、今後ロールアウトする新車には新たに実装されてくる可能性が非常に高いといえます。
加えてこのシステム、先に実践しているのはドイツに開発本国をおく、BOSCH社です。
 
既に日本ではこの手の技術の取り込み、実現化が遅れており、国内メーカーの対応の方が遅れを取っています。
もし採用するにしても、これら技術をどこから提供される必要があり、海外メーカーとの交渉ややり取りを苦手とする国内メーカーでは海外車輌メーカーの進化の速度に果たして追従していくことができるのか?が今後の懸念材料となるでしょう。
 
筆者としては、これらのようなシステムが導入されることは安全面に寄与されることになると思っていますが、加えてライダーのライディングスキルの低下を招くとも考えています。
 
そのシステムを理解して「使いこなす」のであれば話は別ですが、「ただバイクのっているだけ」ではそれを理解することは出来ないでしょう。
一般層のスキル低下は逃れられないと考えています。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2018-08-05
Copyright(c) 2018 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.