第2回 ライディングとタイヤの関連性について

第一回目の記事ではタイヤがライディングにおいてライダーに与える影響についてお話しました。本記事ではタイヤその物の構造に触れ、どのようにライディングに寄与するのかを考えたいと思います。
 

タイヤの構造を知る ~部位~

それではタイヤの構造を確認してみましょう。
外からはゴムの塊に見えるタイヤですが、複数の部品が組み合わさって出来ています。
タイヤを構成する部位を知る前に、タイヤがどのような構造になっているかを見てみましょう。
 
・トレッド:
設置面のゴム部分に刻まれたパターンです。
これらのパターンは水履けを向上させて濡れた路面や雨の中でも地面にタイヤがグリップする目的のため、街乗り用のタイヤにはパターンこそ異なりますが必ず刻まれています。
 
・ショルダー:
タイヤのトレッド部分ビート部分の間、側面上方に位置する部位です。
タイヤ内部を構成する“カーカス”と呼ばれる部位の保護と、タイヤの熱を発熱させるために使われます。
 
・ビート:
タイヤとホイールを結合される部位で、タイヤをホイールに固定する役割があります。また、タイヤの中では最も伸び縮みする部位であり、サスペンションの一部的な役割を担っており、走行時の衝撃を吸収する機能も持っています。
 

 

タイヤの構造を知る ~内部構造~

タイヤの内部にはその表面構造を支える内部構造があります。この内部構造は幾つかの層にわかれており、タイヤの性能を決定付けます。
 
・カーカス:
タイヤの骨格といえる部分で、コード層と呼ばれています。タイヤ内の空気圧による圧力を押さえ込み、タイヤ形状を形成します。
このカーカスの組み方でバイアス、ラジアルの二種類のタイヤに分けられます。
 
・ビートワイヤー:
リム部に設置されるゴムで被覆された鋼線の束です。空気圧によって引っ張られるカーカスの引っ張り応力を受け止めてリムにタイヤを固定する役割を持ちます。
 
・インナーライナー:
カーカスの裏側にあり、チューブレスタイヤではタイヤ内の空気圧を閉じ込めて気密性を保つ役割を持ちます。
 
・ベルト:
カーカスとタイヤ表面のトレッド間にあり、カーカスを上から締め付けて、タイヤ外側のトレッドの剛性を保ちます。この部位はラジアルタイヤのみに存在し、バイアスタイヤにはこの部位が存在しません。
 
このようにタイヤ内部は複数の部位で構成されており、タイヤの構造を内側からささえる役目を果たしています。ビートはビートワイヤーでホイールにタイヤを保持させ、トレッドはベルトで剛性を保たせます。
インナーライナーがあることでタイヤは内部の空気圧を意地し、カーカスがその空気圧を受け止めてタイヤの形状を保つのです。
 
あまり認知されていませんが、タイヤはサスペンションの一部としても機能しています。
“固い”タイヤと“柔らかい”タイヤでは当然振動の伝わり方も違いますしライダーが感じるフィーリングも全く正反対になります。
 
これらの内部構造は各種メーカーでほぼ同じ構造で作られておりますが、一部その“製造方法”に違いがあることからタイヤに対する信頼性が変わる場合があるのです。
 

カーカスの組まれ方でラジアルとバイアス

タイヤ構造における“カーカス”は、上記の通り空気が充填されたタイヤが設計とおりの形状を保持するために働きます。
カーカスはタイヤの進行方向に対して垂直にカーカスが組まれる方式と斜めに組まれる方式の2通りがあり、前者がラジアルタイヤ、後者がバイアスタイヤと呼ばれています。
 

 
カーカスとしてはラジアルタイヤの方が構造上堅いため、高速走行時に安定する、トレッド側(タイヤ表面)を柔らかくできるためグリップが良い、路面との設置面が稼げ、転がり抵抗が少ないため燃費に貢献するなどメリットがあります。
 
そのため現在のバイクではラジアルタイヤが主流といえますが一部の車輌ではバイアスタイヤの方が好ましい場合もあります。
 
例えば小排気量車輌ではバイアスタイヤの方が有利に働きます。
元々馬力も小さくそこまでの高速性能を求められていない反面、街乗りなどでの快適さが重要視され、小排気量のメリットでもある低速域での小回りを考えると、ラジアルタイヤよりもバイアスタイヤに有用性があるのです。
 

タイヤにもセッティングがある

タイヤのセッティング、それは空気圧です。
空気圧はタイヤの性能に最も寄与する支配的ファクターと言えるでしょう。
空気圧が低い場合、タイヤの変形代が大きくなり、一般的にはグリップが増加する方向に傾きますが、冷却機能が損なわれるために熱が下がり難くなります。
 
一方空気圧が高すぎる場合、タイヤの変形代に余裕がなくなり、本来のグリップ性能が低下します。そのためグリップとしては滑り易い方向へ推移し、またサスペンションとしての能力も欠落しますから小さなギャップでも跳ね上がるような感覚を受けることになるでしょう。
 
理想空気圧はタイヤのスペック、マシン、ライダーの体重で加減しますのでタイヤメーカーへ問い合わせるのが最も間違いありません。
 
ちなみに筆者のピレリタイヤ(サーキット用)は温感時の空気圧でF1.7 / R1.9くらいで管理しています。
 
次回は各種タイヤメーカーによっての違いとコンパウンドについてお話しましょう。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2018-07-25
Copyright(c) 2018 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.