レガシーバイクを知ろう 伝説を纏うバイク達

Legacyは英単語で“遺産”を意味します。
遺産とは過去からの歴史的価値を付加価値として存在する建造物やアートをさしており、さながらバイクは後者にあたるのではないかと個人的には考えています。
 
バイクで言うところの“アート”とは二種類あると筆者は考えています。
当時の最先端技術を取り入れてライディングパフォーマンスに寄与すること、それから先の車両へ常設装備として受け継がれていくもの、先進的なデザインを取り入れた車両など。
 
これから数回に分けて、国産バイクシリーズにおける伝説とも言われている車両を紹介したいと思います。
 
これらのバイクは法規規制的概念や部品供給、設計思想などの理由から新車で入手することはできません。
中古で探さざるを得ないことをご理解ください。
 

Kawasaki 750RS (通称ZⅡ)

1972年にKawasakiは欧州向けに900ccのZ1を発表しました。
ネイキッドスタイルのボディに火の玉カラーと呼ばれるデザインを施した日本の精神を具現化したZ1は欧州で超絶な支持を受けました。
 
Kawasakiはこの売り上げ好調の波に乗るべく、国内仕様Z1のリリースを計画しましたが、750cc以上の販売を許されていなかった当時では、Z1をスペックダウンさせることで国内リリースを検討しました。
 
当時はZ1をボアダウン(シリンダー径とストローク値の変更)によって排気量を下げることを計画していましたが、トータルバランスを考慮のうえ、完全な再設計として750RSをリリース。
 
国内ではZⅡの名称で親しまれてきました。
リリースは1973年で750RSをモデル名とし、1977年のモデルをZ750Fourと呼びます。
ここまでがZⅡの愛称で親しまれるモデルであり、以後の生産モデルはZ750Dが正式名称となります。
 

昭和さながらの硬派なデザインとパワフルなエンジンで250km/h Overを実現

Z750Four
 
車両のデザインは当時さながらの硬派なデザインで、カラーリングもダークブラウンにオレンジで火の玉を連想させるデザインは今でもライダーを魅了し続けます。
 
実装されるブレーキシステムは…
フロント・ブレーキディスク(ダブル)+対向2podブレーキキャリパー
リア・ドラムブレーキ
と今の車両と比較すると若干脆弱な気もしますが、車両重量、排気量、パワー&トルクを考えれば当時としてはバランスの取れていた車両スペックであったと言えると思います。
 
ノーマルのままでは220km/hくらいが恐らくは限界で、その速度に達するまでもかなりの時間がかかると予測できます。
 
エンジン内部や吸排気系のカスタム、ドライブトレイン&サスペンション、ブレーキ、ホイール系やタイヤチョイスなどカリカリのチューンを実施して270km/hまで到達できるか否か(メーター読みです)というところではないでしょうか。
 
更に当時のバイクはフロントホイールの回転から速度を割り出すため、ホイールサイズを変えた時点でメーター速度はあてにならないので注意しましょう。
 

中古車選びのポイントと注意点

エンジン
 
ZⅡに乗るんだ!という強い願望がある方はきっと血眼になって車両を探されていると思いますし、僕などよりも余程注意すべきところは詳しいかと思います。
 
ZⅡは1973年にリリースされた車両ですから、最も古い弾で今から40年以上前のバイクということになります。
 
その間ノーマルの状態で維持されていた車両に出会うことはまずあり得ないと考えましょう。
最も気をつけなければいけないのは走行距離です。
オドメーターが既に一周してしまっていると、走行距離がかなり少なく出ている可能性もありますし、お店側でもわからないと考えるべきです。
 
既に複数のオーナーを渡り歩いている車両しか存在しないと考えることから、最も確実な方法は“コンプリート車両”を探すことでしょう。
 
コンプリート車両とはニーズに合わせたカスタマイズを手がけるショップによって改造された車両のことを指します。
保証もショップの保証がつきますし、エンジンの細部までもばらして必要な部分を新しいパーツに交換していることなどから新車に近い状態でオールドバイクを入手できるのです。
 
その反面、コストは割高になります……
しかし、新車の大型バイクをカスタムして買うと考えれば納得のいく数字でしょう。
交換部品のサイクルは現状新車よりも早い上に工賃が高くかかることもお忘れなく。
 
オールドやレガシーバイクに乗る、ということはレースを続けることと同じくらい情熱がなければできないことなのです。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2016-08-28
Copyright(c) 2016 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.