オフロードとオンロードの違いを知る

 
しどきで行ったオフロード練習走行で、筆者は改めてオフロードとオンロードの違いを体感しました。
その体験は筆者の20年に及ぶバイクライフからの経験を完全に覆すものでした。
 
本記事ではオフロードとオンロード走行における違いについて詳しくお話したいと思います。
 

走行環境におけるオフロード/オンロードの違い

まず、オフロードとオンロードの違いをすぐに考えられますでしょうか?
多くの人は、「路面が違う」と答えるでしょう。
しかし、その路面の違いがどのようにライディングに影響を与えるか、正確に理解しているライダーは少ないでしょう。

 
実際にオフロード、オンロードの両方を体験している方であればおわかりであるとは思います。それでは路面の違いがライディングに与える影響を考えてみましょう。
 

オンロード走行における基本フォーム「ハングオン」

オンロード(この場合クローズドでサーキットと考えましょう)の場合、アスファルトで舗装された路面上で、コース両側にはグラベルと呼ばれるゼブラゾーンが設置されています。
グラベルは走行エリアではありませんが、コーナリングのアウトでは敢えてグラベルまでを使って走行する走り方もあります。
 
ライダーはバイクの前後輪を路面に設置させ、シフトウェイトによる荷重移動で前後タイヤの全面を使ってグリップさせます。
この時、ライダーはバイクよりも大きく身体をイン側に乗り出し、ハングオンと呼ばれるライディングフォームでコーナーを走行します。
 
オンロード走行ではコーナー進入からコーナーの出口までタイヤをグリップさせて走ります。
その際、ブレーキングでの減速、ハングオンによる車体バランスの制御、高速走行によるコーナリング、コーナー出口でのアクセルワークで車両をコントロールします。

 
ライダーの身体はバイクに対して荷重移動させますが、重心に対する車両の軸は動きません。
 

オフロード走行におけるライディングフォーム

オフロード走行では路面が土や泥、砂利などで覆われているため、オンロードよりも物理的なタイヤ~路面間のグリップは低いといえます。
 
オンロードのようにライダーの姿勢をイン側へ落とし込んで走行すると、車両は路面に踏ん張ることができず、転倒することになります。
 
そのため、オフロードではライダーの姿勢をコーナーに対してバイクよりも外側に移動させる乗りかたをすることになります。
 
一般的には「リーンアウト」と呼ばれる乗り方で、コーナーに対してアウト側にライダーの身体を出してバイクをライダーよりも内側に倒していきます。
バイクのリーンアングルはオンロードのハングオンよりも深くなりますが、旋回半径が小さくなるためコーナリング速度は低くなります。
 

 
旋回によるGを積極的に使ってタイヤのグリップ力を稼ぎ、コーナーの脱出速度を稼ぐオンロードと違い、オフロードでは旋回Gでリアタイヤを寄り深く路面に“食い込ませ”てアクセルワークで路面を掘り起こしながら蹴りだします。
 
この時、路面とグリップせずタイヤの回転力で路面を削りながら蹴りだそうとするリアタイヤは路面上でかなり暴れることになり、結果パワースライドとなります。
オフロードではコーナリングをオンロードよりもパワー重視のアクセルワークでクリアしていきます。
 
また、オフロードではオンロードでは絶対にあり得ない“スタンディング”を使います。
これはバンプ(路面上のこぶ)をクリアする際に車両バランスを崩さずにスムーズに走行できるようにライダーの身体を立ち上がらせ、重心を高くするのです。
 

 

オフロードとオンロード 路面の違いがライダーに与える影響

オフロードではオンロード以上にライダーがバイクの上で動くことになります。
コーナリングでは片脚で車両のバランスを維持しつつ、トラクションをコントロールするオフロードでは、連続するコーナリングではシフトウェイトも使いつつ、両足を前側に投げ出しつつ車両をコントロールします。
 
更に傾斜の厳しい上り坂や下り坂ではスタンディング・スタイルを使い、ペダルの上に立ちニーグリップで車両を維持することも行うため、オンロードよりも全身を使うことになるのです。
 
実際、しどきモトランドで走行をした後日は筆者の全身は筋肉痛で起き上がることもできないほどでした。
 

オフロードでの練習はオンロードに活かせる

オフロードでは前述の通り、荒れた路面を走行するために車両のサスペンションやフレームはオンロードよりも“柔らかく”できています。
 
そのため、小さな路面変動や車両挙動でも大袈裟に反映させます。
ライダーはそのフィードバックを受けることで次のアクションを取ることができる訳です。
 
対してオンロードマシンはできる限り挙動の乱れを少なくするよう、マシンは設計されています。
オフロードでのマシン挙動に対するコントロールを身体をもって覚えることで、オンロードでのマシンコントロールにおいても自由度を高めることができるのです。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2017-09-11
Copyright(c) 2017 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.