サーキット走行スキル・オーバーテイク 安全に前走車を抜く

レースなどを見ていると当たり前のように行われるオーバーテイク(前を走る車両を抜くこと)
自分の順位を上げるためには前を走る他の車両を抜くしかありません。
 
レース以外のサーキット走行でも、自分よりも遅い相手は抜くことになりますが、一見簡単に見えるオーバーテイクも非常に緻密なスキルで成り立っています。
 

他の車両に追い越しをかけるポイントは限られている

コーナー
 
レースが行われるサーキットでは、ライダーがあちらこちらでオーバーテイクをしているかのように見えますが、実はサーキット上では追い越しをかけることのできるポイントは限られています。
 
コースレイアウト上で安全にオーバーテイクできるポイントを“パッシングポイント”と呼びます。“パッシングポイント”の多くはコーナーの進入から出口にかけての場合が多く、マシン性能差が躊躇に出るストレートがパッシングポイントであるケースは殆どありません。
 
稀にコースレイアウトの特性から“パッシングポイント”がコーナー出口である場合があります。
 
コーナーが“パッシングポイント”になる大きな理由は速度が極端に落ちること、ライダー技量によってライン取りと走行速度が異なることなどが上げられます。
 
減速領域を極端に短くすることで、前走車より前にでることができます。
(俗に言うブレーキング勝負です)
 
例えばTC2000(筑波サーキット)では1コーナーが有名なパッシングポイントです。
短いホームストレートから600ccでは約150km強から70km付近まで一気に減速します。
 
コーナーの進入が上り坂になっているため思ったよりも減速することができる上に、コース幅が広く作られているため、パッシングし易い作りになっていると言えます。
 

初心者が他のライダーを安全に抜く方法

コーナリング
 
上記ではレース目線でオーバーテイクについてお話をしました。
実際にサーキット走行において(草レースでも構いません)、初心者が安全に他のライダーを抜く方法を考えましょう。
 
安全に走るためには、「何が危険か」を知っておく必要があります。
 
前項でお話している“パッシング”ではライダーがコーナリングにおいて他のライダーを進入から抜くことをイメージしていますが、初心者がこれをすると大変危険です。
 
前を走るライダーよりも内側からコーナーへアプローチすることになるので、ラインは狭くなり、コーナー出口ではアンダーステア傾向(コーナーに対して外へはらむ)になりがちです。
最悪の場合は曲りきれずにコースアウト→転倒のリスクもあり得ます。
 
初心者が他のライダーを抜くのに最も適している場所はストレートか、コーナーの立ち上がりです。
 
コーナーの立ち上がりではマシンの向きが決まっており、徐々にアクセルを開けていくため、前のライダーとの車間が適正であれば立ち上がりのアクセルワークでオーバーテイクをかけることができます。
 
また、走行会などの場合は排気量の異なる車種と同時に走行することになりますから、自分のマシンより排気量の小さいバイクは直線で抜いてしまうことをオススメします。
走行会レベルで間違ってもコーナーの進入イン側から抜こうなどとしないことです。
 
相手のマシンの前輪が自分のマシンの後輪に当たってしまえば、相手は間違いなく転倒しますし、転倒したライダーとマシンに押されて自分も転倒のリスクがあります。
 

初心者のオーバーテイクの心得

一番忘れてはいけないのは、「安全に抜くこと」です。
走行会や練習走行ではたまに危険な抜き方をされて「ヒヤッ」とすることがあります。
コース上のパッシングポイントがどこなのか、自分と他のライダーの技量、マシン性能差という予測を常に考えながら走れるよう心がけましょう。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2016-07-01
Copyright(c) 2016 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.