バイクの買取における査定ポイント ~マイナス要因について~

前記事ではバイクの買取における査定ポイントを高く評価してもらうために、日頃からどのような気配りをしておくべきか、についてお話をしました。
 
今回は査定におけるマイナス要因についてお話をしましょう。
 

一番高く買い取ってもらえるバイクはノーマル車

意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、最も高く買い取ってもらえるバイクは“ノーマル車”です。
 
バイクの価値を高める若干のカスタム(ブレーキレバーのショート化、パッド交換など)はプラス方向に効果がある場合がありますが、マフラーや外装などは純正状態であることは査定にとってプラスです。
 
改造されているバイクの場合、改造内容が交通法規に違反していないか、(排気マフラーや、灯火類)外装にステッカー等が貼られていないか、そして改造によってリプレイスされている純正部品は残っているか?が重要になります。
 
まず交通法規に違反する改造が施されているバイクは買取値がかなり下がります。
最悪の場合買取を拒否される可能性もあることを理解しておきましょう。
 
改造をする場合は純正部品を必ず残しておきましょう
 

ショップによるカスタムはプラス査定、DIYはマイナス査定

675R
 
必ずしも題名の通りではありませんが、DIYでカスタムする場合、多くのユーザーはバイクの機能間の効果を知らずに、自分がカスタムしたい場所だけを改造してしまいます。
 
電装系の場合、配線ハーネス系の取り回しもしっかり考える必要がありますから、配線周りを綺麗に処理できないままにしておくと、配線の劣化、焼き切れなどの原因にもなり将来的なトラブルを引き起こします。
 
買い取りを行う業者は、素人が取り回したハーネスの撤収もしくは取り回しの改善を考えなければならず、それらにはかなり時間と手間がかかる場合が多いため、その分のコストをマイナスすることを考えなければならないのです。
 
ショップによるカスタムの場合、その殆どはしっかりと必要な部分は保護された状態でカスタムをされているため、査定としてはプラス方向になる場合が多くなります。
(もちろんカスタム内容によります)
 
特に、あるカスタムの分野に著名なショップが手がけたカスタマイズはバイクの付加価値に貢献する場合もあります。
 

転倒、補修歴はマイナスになる?

転倒、補修履歴はないに越したことはありません。
特に外装にある割れ、欠け、補修後は見た目としてもマイナスであり、査定ポイントとしてはマイナスになります。
 
補修も後が分からないくらい綺麗にできていればマイナスになることはありませんが、プロでもない限りは難しいでしょう。
 
転倒と補修はないに越したことはありません。
交換できる外装部品であれば、交換はしておきましょう。
 
バイクの買取においては高値で買い取ってもらうにこしたことはありません。
しかし、そのバイクにあった補修履歴や転倒履歴などを隠して買取をしてもらうことはやめましょう。
次にバイクを購入するライダーがそのバイクを大切に乗り続けてくれるためにも。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2016-06-26
Copyright(c) 2016 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.