YAMAHAコミュニケーションプラザ 施設紹介

先2回にわたりご紹介してきましたYAMAHAコミュニケーションプラザ、如何でしたでしょうか?
YAMAHAファンのみならず、多くのモータースポーツファンには是非一度ご訪問して頂き、最新の技術を満載した車両や多くの歴史を築きあげてきた車両や技術に触れてもらいたいと思っております。
 
連続掲載しているYAMAHAコミュニケーションプラザについては最後の記事となりますが、施設概要についてご紹介したいと思います。
 

YAMAHAコミュニケーションプラザへのアクセス

YAMAHAコミュニケーションプラザは、都心からは少し離れた静岡県磐田市に位置しています。同施設の周りにはYAMAHAに関連する工場が多く存在し、コミュニケーションプラザ正面にはYAMAHAスタジアムがあります。
 
アクセスは、東名高速・袋井インターから約20分程度。
静岡県市街地からは60kmほど離れています。

 
余程旧いデータで無い限りは、住所からナビゲーションシステムで検索可能ですが、筆者の2013年ハイエースに搭載されたナビでは、実際に曲がらなければいけない交差点を指示してくれませんでした。
 
ご参考までに、下記に地図の切り出しを掲載いたします。
 
地図
 
バイクや自動車でご来場の際には、コミュニケーションプラザ対面にある大きな駐車場の来客スペースを使うことができます。
見る限りではスタジアムと共用のようですので、スタジアムでイベントが予定されている時は避けたほうが良いかもしれません。
 
筆者が来場した際にはスタジアムは稼動しておらず、駐車場はガラガラでした。
 

施設概要、フロアナビゲーション

施設の1Fは前記事でご紹介している、バイクを含めた様々な展示が実施されています。
お土産を購入できる販売店舗も同じフロアに位置しており、1Fだけでも楽しむことができます。
 
2Fは歴史展示コーナーとなっており、現在に至るまでYAMAHAが参加してきたレースマシンの展示が予定されており、9月1日オープンとの事でした。
 
筆者の訪問時にはこのフロアは工事中で中を見ることができませんでしたが、完成予想図を見る限りではレーサーに直接触れる距離での展示になっているようで、跨ることも可能では?と勝手にドキドキしています。
今年中に一度は再度訪問し、是非2Fフロアも見たい!と思っております。
 
2Fにはライブラリーがあり、YAMAHAの歴史に関する文献やデジタル書籍を読み漁ることができます。これまで同社が多くリリースしてきている名車についてもここでより深く情報を集めることができることでしょう。
 
Library
 
家族サービスの一環として訪れていた筆者はライブラリーに立ち寄る時間がありませんでしたが、次回訪問の際には是非立ち寄りたいと考えています。7
 
3Fは落ち着いた雰囲気で楽しめるラウンジが用意されています。
食事も可能で、筆者もこちらの施設で昼食を食べました。
 
Main Hall2
 
ラインナップに特別なメニューは無かったと記憶していますが、価格はカレーライス800円、オムライス800円と、こういった施設では安めの価格設定だと思います。
カレーライスとオムライスは美味しかったですね!
また、従業員の方々も素晴らしい接客対応でした。
 
こういった細かいところへの気配りはさすがYAMAHA!と言いたくなりますね。
筆者はYAMAHAファン、YAMAHAフリークではありませんが、グローバル企業としてにさすが日本を代表するマニファクチャーだな、と実感しました。
 

YAMAHAコミュニケーションプラザ・詳細情報

最後になりますが、YAMAHAコミュニケーションプラザのウェブサイト情報を掲載します。
同施設には休館日もありますので、ウェブサイトに記載されるスケジュールを確認の上、ご来場ください。
 
YAMAHAコミュニケーションプラザ
Web Site:  http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/
住所:静岡県磐田市新貝2500

 
※※お願い※※
筆者が来場した際にバイクでこられていた数名のライダーが身体障害者用駐車スペースにバイクを駐輪して施設を見学していました。バイク乗り、ライダーとしてのモラルを疑われないようご自身の行動には責任を持ってください。
 
また、これらライダーの乗っていた車両が逆風防を付けたゼファーのZ2レプリカのようでした。(遠方からだったので詳しくはわかりません)
 
筆者はこれをみて「あぁ、やっぱりこういう車両(旧車モデル)のオーナーはこういうライダーか」という印象でした。
 
同じライダーでこんな印象を持つのですから、一般人からすれば「バイク乗りは・・・」と思われても仕方ありません。
非常に悲しいことですね。
 
人として最低限のモラルとマナーを護る事は当然です。
ライダーとして自分が周りからどう見られているのか、他のライダーにもそれが影響することを是非考えてもらいたいと強く感じます。

バイクを売る前に無料で査定しよう!

バイク買い取り実績NO.1!

イチオシは言わずと知れた「バイク王」です。
年間約17万台の中古バイクを買い取り!
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて
全国的に広告展開をしているバイク王。
なんとバイクを乗るライダーたちの知名度は驚異の97%!

バイク王の特徴- 査定額だけじゃない便利なサービス!

バイク王は売る方の都合にあわせて、全国(一部離島を除く)どこでも
自宅までバイクの無料出張査定に来てくれます。
万が一、商談が成立しなくても、出張料や査定料等を負担する事もありません。
外国産の車や車検切れ、バッテリー切れでも問題なし!
書類手続きなどの面倒な手続きも全て無料で代行してくれます。

今すぐ無料査定!

2016-12-04
Copyright(c) 2016 バイク買取・バイク査定オール【得した体験談・口コミ掲載】 All Rights Reserved.